未だに大腸がんの発生要因は明確になってはいない

治療室

病気の原因を調べる

医者

潰瘍性大腸炎は良くなったり悪くなったりを繰り返す病気です。腹痛や下痢などの症状があり、出来るだけ早い段階で治療する事が大切です。食生活の改善や生活習慣を改善する事が必用であり、ストレスを溜めないようにする事も重要です。

詳しくはこちら

女性特有のがん

看護師

乳がんは、初期の頃は摘出手術で完治する事もあります。早期発見がとても重要です。発見しやすいがんの種類でもあります。若い方もなりやすいがんなので注意しておきましょう。毎日の胸のチェックで早期発見に努めましょう。

詳しくはこちら

がんの免疫療法

病棟

放射線を用いた治療などの他に、がんを治療できる新たな方法として登場したのが樹状細胞療法です。こちらは自己免疫力を高くすることでがんを治療する方法であり、外来で治療できる点などが人気となっています。

詳しくはこちら

切除法を行なう患者の増加

女性

大腸がんの患者の数はここ30年で5倍以上も増加しました。年々増加傾向にありますが、この要因は食生活の変化が挙げられます。食生活が日本の伝統料理である和食ではなく欧米の食事中心になったことで、大腸がんになる患者の数が増加したのです。また、日本が高齢化社会になったことも患者数の増加の要因です。大腸がんの発生要因はまだ明確になってはいませんが、遺伝子の変化の蓄積が有力な説です。そのため、加齢とともに遺伝子は蓄積されるために、高齢になればなるほど大腸がんになりやすいのです。日本は平均寿命が男性と女性ともに世界でもトップクラスにあります。そのため、高齢者が多く大腸がんになる人も多いです。こうした状況もあって患者が増加しています。

大腸がんの治療にはいろいろなものがありますが、これらの治療方法は進行状態がどの程度にあるのかによって決定されます。たとえば、内視鏡で大腸がんを見てみて大腸の粘膜に留まっている状態であれば直接メスで切除します。いわゆる切除法が採用されます。粘膜の下層にまでがんが進行している場合でも発見が早期であれば、同じように切除法が採用されることが多いです。切除法のメリットは確実にがんを切り取ることができる点にありますので、この手術が最も望ましい治療法です。切り取った後にはがんが再発しないように放射線治療を行うことが一般的です。放射線療法はがんの増殖を防止する役割があります。上記が症状が軽い場合の治療方法です。