未だに大腸がんの発生要因は明確になってはいない

看護師

がんの免疫療法

病棟

がん治療には外科治療と化学療法、放射線治療があり、これらはがんの三大療法と呼ばれています。医学の進歩によって、第四のがん治療と呼ばれる免疫療法が行われるようになり、治療を受ける人が増加しています。がんの免疫療法は人間が本来持っている免疫力を高めてがんを治療することが特徴で、免疫療法には樹状細胞療法やペプチドワクチン療法などがあります。樹状細胞療法やペプチドワクチン療法は、他のがん治療と比べると副作用が少ないことが大きなメリットです。がん免疫療法が副作用が少ない理由は自分自身の細胞を利用するからであり、苦痛を感じることなくがん治療をすることができます。免疫療法は他の治療法と併用することも可能で、がん治療の効果を高められます。

新しいがん治療として注目されている免疫療法は、現在のところ一部の医療機関でのみ治療が行われています。免疫療法を受けるには、免疫療法によるがん治療を行っている医療機関を受診することが必要です。がん免疫療法は先進医療であるため、保険診療で治療を受けることはできないので注意します。樹状細胞療法はワンクールで150万円程度の費用が必要になりますが、一部のがん保険に加入していると治療費が補償されます。樹状細胞療法は外来治療が可能で、入院をせずに普段通りの生活を送りながらがんを治療することができます。ただし、日常生活を送る際にはいくつかの注意点がありますので、医師から告げられた注意事項を守って治療を受けることが必要です。